「縛りプレイ」で10作のゲームをクリアしてみた!by醒井木彫

このサイトで取り扱うのはSMのではなく、ゲームの「縛りプレイ」です。ウィザードリィ、ファイアーエムブレム、ベルウィックサーガ、ギレンの野望・ジオンの系譜、信長の野望 将星録、信長の野望 革新、Victoria、F.E.A.R.、バイオハザード4、スプリンターセル ブラックリストの10作をプレイ。参考になりますかどうか…

ベタだけどスローモー禁止縛りで「F.E.A.R.」攻略

      2018/07/26

主人公が超常能力を持ってるおかげで結構さくさく攻略できる「F.E.A.R.」ですが、じゃあその超常能力を使わなかったらどうなるのか?

普通のFPSとしてもよくできてるので、これも面白い遊び方です。

ということで今回は「F.E.A.R.」の縛りプレイついて話してみようと思います。

 

「F.E.A.R.」.ってどんなゲーム?

 

fear

 

ホラー要素のあるFPSで、ホラー部分は日本のホラー映画を参考にしたということで、日本人にはなじみ深い雰囲気も感じられます。

FPSとしては敵の行動が的確で、正面からの突撃が難しいと思えば別なルートから回り込んできたりもします。

発売当時はかなり評判になったようです。

 

スローモーって?

「F.E.A.R.」.の主人公はとんでもないほど反射神経がよいという設定なので、その表現としてゲームをスローモーションにすることができます。

この能力がスローモーと呼ばれるんですが、これのおかげでFPSの経験が浅い人でも、それほど苦労せずに攻略することができます。

いくらFPSが難しいといっても、自分だけ一方的に攻撃できればさすがに負けないですからね。

もちろん好き放題使えるわけではなく、時間制限くらいはありますけどね。

 

リーン強し

FPSにはリーンができるものがあります。

リーンというのはのぞき込みのことで、壁際などから頭だけをひょこっと出します。

体全部をはみ出すよりも圧倒的に被弾率が低いので、敵がいそうなところを確認するときは、リーンするのが安全です。

 

「F.E.A.R.」.はスローモーが前提の作りになってますので、高難易度の敵の射線に入ってしまうとあっという間にライフが削られます。

体ごと出すなんてことをしていては回復アイテムがいくらあっても足りないので、常にリーン状態で交戦するのが基本になります。

 

しかし敵が速い

スローモーになれてしまったからか、敵の動きが機敏だからか、射撃をきっちり当てていくのが難しく感じました。

ヘッドショットでも一撃で倒せず、敵がみんなタフなため、当ててはいるものの時間がかかるからそう感じるのかもしれません。

 

しかもあっちの敵に気を取られて撃ちあっていると、いつの間にか横から撃たれていたりと、持久戦になると相手の頭の良さが発揮されます。

普通にFPSとして攻略するなら、スローモーなしはちょうどいいバランスかもしれません。

 

一度、スローモーとリーンの両方を禁止したことがあるのですが、これはあまり面白くありませんでした。

できることが少なく、どうあがいても被弾を避けられないため回復頼みになってしまいました。

 

ちょっとごり押し過ぎですよね。

 

やっぱり縛りプレイはキャラクターやアイテムの性能に頼り切らずに攻略するのが醍醐味だと思うのです。

まぁそんなこといってると、世の中には銃器を使わずに攻略するとかいう人も出てくるんですが・・・。

 - 未分類