「縛りプレイ」で10作のゲームをクリアしてみた!by醒井木彫

このサイトで取り扱うのはSMのではなく、ゲームの「縛りプレイ」です。ウィザードリィ、ファイアーエムブレム、ベルウィックサーガ、ギレンの野望・ジオンの系譜、信長の野望 将星録、信長の野望 革新、Victoria、F.E.A.R.、バイオハザード4、スプリンターセル ブラックリストの10作をプレイ。参考になりますかどうか…

意外とやれる!「ファイアーエムブレム」の初見ノーリセット縛りプレイ

      2018/07/26

シミュレーションRPGといえば「ファイアーエムブレム」。

大人気ジャンルの創始ゲームで、私も初代のファミコン版からGBA版あたりまでやりました。

死んだキャラが基本的に帰ってこないというストイックさが人気ですが、普通はリセットしながら進めます。

今回はこの「ファイアーエムブレム」シリーズを縛りプレイした話です。

 

「ファイアーエムブレム」ってどんなゲーム?

 

ファイアーエンブレム

 

「ファイアーエムブレム」はシミュレーションRPGの元祖で、キャラクター育成要素のあるシミュレーションゲームとして評判になりました。

死んだキャラが生き返らないので、死んだらリセットが攻略の基本です。

時々やたら強い敵がいて、カミユが倒せなくて詰まった人はたくさんいそうです。

 

ノーリセットに必要なのは慎重さ

 

ノーリセットに必要なのは慎重さである。これはどのゲームでも一緒です。

 

「95%で命中する攻撃が二回とも当たれば誰も死なずにすむ」

 

という場合、リセットありなら攻撃してしまいそうですが、ノーリセットではそれは禁じ手です。

だって9.75%もの確率でどちらかは外すんですよ?

約10%ですよ。

10%の確率で即死する魔法を使う敵がいたら一発たりとも撃たれたくないでしょ?

 

ここで、

 

「大丈夫だよそんなの。十中八九って言うでしょ」

 

という人は、残念ながらノーリセットプレイには向いてません。

実際のところ、例えそれが1%であっても避けます。

 

1%ってすごく低い確率だと思われてますが、そんなことはありません。

イベントか何かで1%の命中率の即死魔法をどうしても一回は撃たれてしまう設定になってたとしたら、100人のプレイヤーの内1人くらいは食らってるんですよ。

そんなの、インターネットでクソゲー連呼されるに決まってますよね。

1%を侮ってはいけません。

 

鬼畜トラキア

「ファイアーエムブレム」では有名なトラキア776。

どういう風に有名かと言えば、その驚異的な難易度で有名になりました。

とにかく初心者お断りな攻略難易度で、どれほどたくさんの人が挫折したか。

 

とくにノーリセットプレイは大変でした。

何が大変って、そもそもの難易度もありますが、命中率に0と100がないのです。

他の「ファイアーエムブレム」シリーズは攻撃命中率が0とか100になりますので、これは、結果を正確に予測できます。

 

ところがトラキア776では1%の余地があります。

この1%がノーリセットでは大きな落とし穴になるのです。

神成長を見せたハルヴァンを失ったとき、私は確か二週間くらい続きが出来ませんでした。

ノーリセットの縛りプレイはスリルを楽しむことは出来ますが、実際に失ったときには心に大きな傷を抱えます・・・世の中うまい話ばかりじゃないですね。

 

初見ノーリセット

「ファイアーエムブレム」シリーズでは一度だけ、買ってきて最初のプレイでノーリセット縛りプレイをしたことがあります。

GBA版の封印の剣でした。

 

RPG的なイベントがありますので、大丈夫だろうと思っていたら突然敵が涌いてきて攻撃を受けたりとか、出現した増援に攻撃されたりとかで、何人もの被害を出しました。

 

たしか、最初の犠牲者は赤の騎士君だったと思います。

遺志を継いだ緑の騎士君も後を追ったり、なんか大雑把な能力値だったソフィーヤさんとかがころころされましたが、クリアは出来ました。

もちろん、裏マップには進めませんでしたが。

 

普段は成長率が低くて使う気にならないベテランキャラも、こういう縛りプレイだと活躍してくれるのがお気に入りです。

 - 未分類