「縛りプレイ」で10作のゲームをクリアしてみた!by醒井木彫

このサイトで取り扱うのはSMのではなく、ゲームの「縛りプレイ」です。ウィザードリィ、ファイアーエムブレム、ベルウィックサーガ、ギレンの野望・ジオンの系譜、信長の野望 将星録、信長の野望 革新、Victoria、F.E.A.R.、バイオハザード4、スプリンターセル ブラックリストの10作をプレイ。参考になりますかどうか…

「信長の野望 革新」を登録武将限定縛りプレイで攻略!

      2018/07/26

「信長の野望 革新」はコンピューターの勢力拡張が非常に速く、シリーズでも難しい方だと思います。

まだ一度も攻略してないうちから縛りプレイをしまして、それが登録武将限定プレイです。

しかも、別にオール100武将とかを使うわけではないんですよ。

ということで、今回は「信長の野望 革新」の縛りプレイについて取り上げてみたいと思います。

 

「信長の野望 革新」ってどんなゲーム?

 

信長の野望

 

これも信長の野望シリーズの一作で、初期のシナリオだと信長より謙信や信玄が強すぎて、むしろ謙信の野望なんじゃないのっていう感じのバランスです。

押し寄せてくる数十万の戦力をいかに耐えしのぐかが攻略の鍵です。

 

まぁ、初期メンバーはそこそこ強い

統率武勇が90以上の武将が二人いて、知略90以上が一人と無難な内政能力の人たちを用意しましたので、難易度的にはそれほどやばいことにはなっていませんでした。

序盤は。

 

問題は中盤から終盤にかけてです。

何しろ登録武将しか使わないという縛りですから、いくら隣国を攻め落としても武将が増えません。

登録武将は60人程度用意しましたが、みんな全国に散らばっています。

なかなか思うようには集められないのです。

 

しかしゆっくりしてると上杉か武田が東日本を掌握して、西になだれ込んできます。

急いで拡張しないわけにはいきません。

すると、国が10個あるのに武将は15人しかいないとか、そういう状態になるわけです。

 

無理ゲーでした。

武将の強さ云々以前に、数が足りません。

たまたま武将の集まりがよかったときに一回だけ攻略できましたが、全く安定する気はしませんでした。

 

というわけで設定変更

「信長の野望 革新」では登録武将の所在地を設定しておくことができるので、すべての登録武将は自軍本拠地に設定したのです。

 

しかしこれだと最初から全員使えることになってしまいます。

いくら何でもずるいだろうというのと、給料払いきれないという問題を解決するために、全員の年齢を調整しました。

ゲーム開始の翌年に登場する年齢にしたのです。

 

すると本拠地で武将の探索をすると、誰かが発見できるようになります。

何度も探索すればいくらでも見つけてしまいますので、一季節に一回とか、一年に一回だけ探索していいという縛りにしてみました。

 

一季節に一回だと多すぎる感じだったので、一年に一回くらいがちょうどよかったですかね。

これでちょうど、上杉や武田といい感じで対決できるようになりました。

 

それでもつらいオールスターズ

私は登録武将をそれほど派手な設定にしないため、統率90以上の武将は5,6人しか作りませんでした。

統率と知略が両方90以上の武将は確か2人だけです。

 

「信長の野望 革新」もいつも通り武田家の家臣などはすごく優秀なので、東を統一した勢力などはそれらを揃えて押し寄せてくるわけです。

だいぶましな条件にはなったものの、やはりオールスターズに総攻撃されると20人かそこらの人数だと苦しいものがあります。

全然無理って分けでもないあたりが、ちょうどいいバランスで、この縛りプレイでは何度か攻略しましたね。

 - 未分類